葉酸 妊活に関することを書いていくサイトです

葉酸と妊活に関するサイト3

「少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会っ」のページです。

ページの先頭へ戻る

少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会っ少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会っ

少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。


一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが一番良いらしいって教えてくれました。友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと母から聞いたことがありましたから、彼女に伝えました。友達には悲しんで欲しくないですし、おなかの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと思う今日このごろです。

妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。葉酸は赤ちゃんが元気に育つために必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。では、もし葉酸が不足してしまった場合、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。

葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害を発症する要因になると報告されています。
また、ダウン症予防の有効性も認められているので、より積極的な摂取が求められます。

仲良くしている友人が彼女が妊活をしている時によく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。
彼女の話では、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。漢方であれば、妊娠中でも飲むことに抵抗がありませんね。
彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを授かりました。ずっと頑張っていたので、みんなでお祝いを計画しています。妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。

それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿、汗と共に体外に排出され、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。

しかし、葉酸の過剰摂取によって発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。

サプリ等で葉酸を摂取するときには、指示された分量と用法を守ってください。皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。
それはつまり、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。



言うまでもありませんが、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。


そのため、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中には十分に葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。
私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。
一人目に男の子を産んでいたので、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。

排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けを実践していました。妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が確認されるまでは少し心配もしましたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。


妹が出来た、と家族で喜んでいます。なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食生活を見なおしてみるのは一つの手かもしれません。

両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、食生活が乱れていては卵子や精子の活発さは、望めません。
妊娠を望むなら、まずは体作りです。偏らない、健全な食生活を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。

お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、精神的に参ってしまう人も少なくありません。
市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつくことが一般的に行われているようです。

第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。だからこそ、助成回数を増やしたほうが良いように思います。
実は私自身もすでにアラフォーですので、色々なものに追い詰められているようで、疲れきっています。
葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素であるとご存知ですか?普段の食事でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、食事での摂取が難しくなりますが、そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、サプリメントなどの栄養補助食品を飲めば不足した葉酸を確実に摂取できますし、栄養的にも問題ありません。


皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。


ですので、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。でも、様々な成分を含有している総合サプリの中でも、一体どの成分に注目すればよいのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。
総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、信用できる赤ちゃん用粉ミルクの成分を目安に、サプリを選んでみましょう。
Copyright (c) 2014 葉酸と妊活に関するサイト3 All rights reserved.